和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説ファンタジー

沼の竜宮城で、海皇様がお待ちかね

沼の竜宮城で、海皇様がお待ちかね

著: 綺月陣 画: 小山田あみ
発行: シーラボ
レーベル: ラルーナ文庫



解説

小さな不動産会社の新人社員・水上来人はある日、調査のため伊勢神宮に程近い個人所有の山に入ることに。相続した山の処分に困っての案件だ。山の奥、インドア派の来人が迷子になりかけた時、目の前に出現したのは直径五メートルほどの沼。そしてそこから眩い光を放ちながら登場した、息を呑むほど美しい――海皇神。なぜか近畿弁を使いこなす陽気な海皇神に無理やり引きずりこまれ、来人は沼の底で想像を超えた世界に遭遇し…。
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。