マイリストに追加

和書>ビジネス・教育人文・科学科学・生物・テクノロジー

学名で楽しむ恐竜・古生物

学名で楽しむ恐竜・古生物


発行: イースト・プレス
価格:1,620pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

【土屋健(つちや・けん)】
サイエンスライター。オフィス ジオパレオント代表。日本地質学会員、日本古生物学会員。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の編集記者、部長代理を経て、現職。
古生物に関わる著作多数。『リアルサイズ古生物図鑑古生代編』(技術評論社)で、「埼玉県の高校図書館司書が選ぶイチオシ本2018」で第1位などを受賞。2019年、サイエンスライターとして初めて古生物学会貢献賞受賞。近著に『パンダの祖先はお肉が好き!?』(笠倉書店)、『恐竜・古生物 No.1図鑑』(文響社)、『リアルサイズ古生物図鑑 新生代編』(技術評論社)など。

【芝原暁彦(しばはら・あきひこ)】
古生物学者、恐竜学研究所客員教授。博士(理学)。1978年福井県出身。18歳から20歳まで福井県の恐竜発掘に参加し、その後は北太平洋などで微化石の調査を行う。筑波大学で博士号を取得後は、(国研)産業技術総合研究所で化石標本の3D計測やVR展示など、博物館展示と地球科学の可視化に関する研究を行った。2016年には産総研発ベンチャー地球技研を設立、「未来の博物館」を創出するための研究を続けている。監修に『化石ドラマチック』(イースト・プレス)など。著書に『地質学でわかる! 恐竜と化石が教えてくれる世界の成り立ち』(実業之日本社)がある。

【谷村諒(たにむら・りょう)】
化石や古生代の生物をモチーフにイラストを手掛け、「ZUCKER」として、雑貨や絵本を制作・販売する。イラストを担当した書籍に『知識ゼロでもハマる面白くて奇妙な古生物たち』などがある。

解説

こんな名前なのには、深〜いワケがある!
映画「スター・ウォーズ」に関係のある名前!
オオカミのような見た目なのに、名前が「クジラ」?
恐竜・古生物の学名の沼へようこそ!


【目次】
はじめに
アーケオプテリクス・リソグラフィカ
アーケオプテリス
アクモニスティオン
アショロア
アトポデンタトゥス
アノマロカリス・カナデンシス
アパトサウルス
アルバロフォサウルス
アンドリュウサルクス
アンブロケトゥス
アンモニクリヌス
イカロサウルス
イグアノドン
イスチグアラスティア
インドヒウス
ウタツサウルス
ウルスス・スペラウス
エーギロカシス
エオヒップス
エオマイア
エオマニス
エオラプトル
エジプトピテクス
オヴィラプトル
オステオドントオルニス
オドントグリフス
オフタルモサウルス
カガナイアス
カムイサウルス
カメロケラス
カルカロドン・メガロドン
カル二オディスクス
カンブロパキコーペ
カンブロラスターファルカトゥス
ギガノトサウルス
ギガントピテクス
ギラッファティタン
クテノカスマ
クロノサウルス
グロビデンス
クワジマーラ
ケツァルコアトルス
ゲロバトラクス
ゴジラサウルス
コリンジウム
コリンボサトン
ササヤマミロス・カワイイ
シカマイア
シギラリア
シダズーン
シネミス・ガメラ
シノサウロプテリクス
シノメガケリス・ヤベイ
シバテリウム
ジュラマイア
シンシナティクリヌス
ステゴサウルス
スミロドン
ダーウィニウス
ダーウィノプテルス
タニストロフェウス
チャンプソサウルス
デイノケイルス
デイノスクス
ティラキヌス・キノセファルス
ティラノサウルス
デスモスチルス
テトラポッドフィス
テラタスピス
トヨタマフィメイア・マチカネンシス
トリアドバトラクス
トリケラトプス
ナジャシュ
ニッポニテス・ミラビリス
ニッポノサウルス
ネクトカリス
パキケトゥス
パキケファロサウルス
バキュリテス
バシロサウルス
ハボロテウティス・ポセイドン
ハリシテス
ハルキゲニア
パレオパラドキシア
パレオロクソドン・ナウマンニ
パンセラ・スペラエア
パンブデルリオン・ウィッティントニ
ヒッパリオン
ヒロノムス
ファコプス
フクイプテリクス
フクイラプトル
フタバサウルス・スズキイ
プテラノドン
プテリゴトゥス
プラヴィトセラス・シグモイダレ
プラコダス
プリオサウルス
プレシオサウルス
プロコンスル
プロトスクス
プロトプテルム
ブロントサウルス
ヘミキオン
ヘリコプリオン
ベルゼブフォ
ペルディプテス
ホモ・エレクトゥス
ホモ・サピエンス
ポリプチコセラス
ボロファグス
マイアサウラ
マテルピスキス
メガテリウム
メガマスタックス
メガロケロス・ギガンテウス
モササウルス
ユーリプテルス
ユティラヌス
リヴィアタン
リカエノプス
リニア
レピドデンドロン
レペノマムス
参考文献

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。