和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ティーンズラブ小説

混血騎士の秘めた執愛〜こじらせた想いは月のない夜に〜

混血騎士の秘めた執愛〜こじらせた想いは月のない夜に〜

著: 上原緒弥 画: SHABON
発行: 夢中文庫
レーベル: 夢中文庫プランセ



著者プロフィール

【上原緒弥】
二〇一七年ごろからウェブにてオリジナル小説を公開。すれ違いと両片想いが主食。紅茶とほうじ茶を代わる代わるお供にしながら小説を書いています。

解説

ルイサは幼い頃に婚約したエドガルドとの関係が未だに『婚約者』であることに悩んでいた。魔族と人間の混血として生まれ、中性的な容姿から苛められることが多かったエドガルドは、いつしかルイサの背を追い越し、男らしく成長。そのことに寂しさを感じながら、彼女は彼を恋い慕う気持ちを素直に伝えられずにいた。それはエドガルドが成長するにつれルイサを避けるようになっていたからだ。結婚に進みもしなければ白紙にもならない。そんな曖昧な関係が続いていたある日、エドガルドが倒れたという知らせを受け、駆けつけたルイサを彼は拒絶し帰そうとする。
──嫌われてもいいから助けたい。そう言ったルイサをエドガルドは熱く求めてきて……?