和書>ビジネス・教育歴史歴史(学術・考察)

これが真相! 光秀と盟友細川藤孝が知る「本能寺の変」(上巻)

これが真相! 光秀と盟友細川藤孝が知る「本能寺の変」(上巻)

著: 飯田イチロオ
発行: インタープレイ
レーベル: 歴史探訪ライブラリー シリーズ: これが真相! 光秀と盟友細川藤孝が知る「本能寺の変」



著者プロフィール

【飯田イチロオ】
歴史と近代武道研究家。日本大学芸術学部放送学科卒。合気道師範。歴史研究「東京新聞」に九年間「江戸コラ?」を連載。その他紙誌に寄稿。武道研究「日刊現代」「月刊秘伝」など。賞:東京新聞連載紙面日本労働ペンクラブ特別賞(2005)、世田谷区制度施行75周年「スポーツ功労賞」他。

解説

明智光秀と盟友細川藤孝の視点で「本能寺の変」をまるごと明らかにした、変の通説・新説、読者もひっくり返る上中下の三巻。「神君伊賀越え」の一行に三河一向一揆の武将が多く、本多正信・鳥居元忠がいない謎。自筆本『信長公記』の改竄とその目的。連歌と源氏物語の繋がりや愛宕山と光秀・藤孝・島津家・朝廷・本願寺・徳川家の深い関係。また光秀天海説では、天海の関与した建造物に、必ず左甚五郎の彫物があるという謎など、多くのテーマを満載し究明した書。