和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説オレ様

花嫁は秘色に弄される

花嫁は秘色に弄される

著: 水瀬結月 画: 幸村佳苗
発行: シーラボ
レーベル: ラルーナ文庫 シリーズ: 花嫁は緋色に囚われる



解説

香港に拠点をおく資産家、塔眞家。その三男・貴砺の伴侶である元骨董商の深山凌は『劉人』という不思議な力をもつ、一族にとって宝のような存在だ。ふたりの結婚から二年半が経ち、塔眞家では次期総帥の長男・怜人に待望の跡継ぎが産まれようとしていた。だがその出産にはある秘密が…。そんな折、凌は怜人から謎の記号のようなものを渡され、それが記された秘色――青磁の骨董を所蔵する品の中から探し出してほしいと依頼される。
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。