和書>小説・ノンフィクション文芸日本文学現代小説


解説

ニューヨーク在住のフリーライター柳生謙二は、全米で最も古いパブリックコースである“バン・コートランド・パーク・ゴルフコース”(通称バンコー)をホームコースに、個性豊かな仲間たちとゴルフに興じる毎日。「警察の中で強盗にあったってちっとも不思議じゃない」物騒なブロンクス地区にあるその老舗ゴルフ場に、これまた個性的な連中がやってきて一緒にプレーするのだが……。

かわいい名前の連中と、真剣勝負の行方は……(「おにぎり友の会」)。
プロゴルファー井戸脇進の奇想天外なスランプ脱出劇(「チキン」)。
ゴルフ場に宝物が!? 仲間たちは勇んで掘り始めた(「ラプソディ」)。
ホールの攻略法を女性の口説き方に見立てる変な男が登場(「色事師」)。
憧れのコースでプレーする謙二とムノさんだが……(「アーメンコーナー」)。

笑いあり涙あり、ちょっとペーソスあり。スポーツ小説の名手が贈る、心にそよ風が吹く5編の物語。