和書>小説・ノンフィクションミステリ小説海外ミステリ小説

寄宿学校の天才探偵2 エリンガム最後のメッセージ

寄宿学校の天才探偵2 エリンガム最後のメッセージ

著: モーリーン・ジョンソン 訳: 谷泰子
発行: 東京創元社
レーベル: 創元推理文庫 シリーズ: 寄宿学校の天才探偵



著者プロフィール

【モーリーン・ジョンソン】
1973年アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。コロンビア大学で創作と演劇を学び、創作でMFA(美術学修士号)を獲得。13 Little Blue Envelopes、The Scarlettシリーズ、The Shades of LondonシリーズなどYA小説を数多く執筆、ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家の仲間入りを果たしている。現在はニューヨーク在住。

【谷泰子】
和歌山県生まれ。1987年大阪大学文学部卒業。訳書にモロー「古書贋作師」、グレシアン「刑事たちの三日間」「刑事たちの四十八時間」、マーティン「ベベ・ベネット、死体を発見」、ピアス「炎をもたらすもの」「闇の月」など。

解説

生徒の不審死、さらに容疑者の失踪と、エリンガム・アカデミーでの事件が相次ぎ、スティヴィは無理やり家に連れもどされてしまう。せっかく学校にも馴染み、念願だった80年前の事件の再捜査も進んできたところなのに。そこに上院議員のエドワード・キングが現れ、息子のデヴィッドが放校されないように協力してくれるなら、スティヴィを学校に戻してやると言ってきた。他に手はなく、役目を引き受けたスティヴィだったが、アカデミーでさらなる事件が……。

天才を集めた学校での事件に挑む、少女探偵スティヴィの活躍を描いたシリーズ第2弾。