マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌エンターテインメント芸能ジャニーズ

ジャニーズの憂鬱

ジャニーズの憂鬱


発行: 鹿砦社
価格:1,000pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 〔編著者〕
 山本 カンタロー
 1964年生まれ。某大手広告代理店でデザイナーとして活躍し、広告賞を数多く獲得。その後、ライターに転身。風俗やお笑いをテーマに、主にマイナー誌で大暴れしてる真っ最中。
 真彰院 彩瑚
 1965年生まれ。「人生とは悪い冗談」をモットーに様々な職を転々とする。現在はその一環として執筆活動に専念中。
 松岡 利康
 1951年生まれ。鹿砦社代表取締役。淡々と生きたいと願いつつも、常に想いと裏腹の人生を送る。ジャニー喜多川氏の健康問題を案じる仏心の持ち主。

解説

 「キムタク独立」説の真相は? 森且行のレーサー転向の背景は? その裏に隠されたジャニーズ事務所の黒い陰……。そして、ジャニー喜多川の健康問題が悪化!! 最大の危機を迎えたジャニーズはどこへ行くのか?
 アイドル帝国崩壊の危機に迫る、誰も書けなかった衝撃のインサイドレポート!

目次

プロローグ 松岡利康
──ジャニー喜多川の健康問題(末期ガンによる重態説)がジャニーズ帝国崩壊、芸能界勢力再編のカギとなる!


第1章 キムタクの造反
 氾濫する「キムタク独立」説の真相
 キムタク・カオリンの画策
第2章 森且行の独立の成功
 デビューだけが華々しかった芸能生活
 レーサー転向の陰に平尾昌晃の存在が
 デビュー目前にしてアクシデント発生
 早くも芸能界へカムバック!?
第3章 バーニングとの抗争
 赤坂台のドン
 レコード大賞での死闘
 “独立”戦争
第4章 小説・少年サロメ
 ──ジャニー喜多川が刺された日
第5章 アイドル帝国に、いま何が起きているのか?
 ──ジャニーズ事務所との裁判闘争の過程でわかったこと 松岡利康
 はじめに
 生き馬の目を抜くやり方が許せなかった!
  ──ただそれだけだった。
 震災を生き延びたという開き直りか!?
  ──異常なブームを生み出したもの
 ジャニーズが抱える“深刻な事情”
  ──どこの堰から壊れても不思議ではない。
 なぜ、われわれは最高裁に上告してまで闘うのか?
 おわりに

抄録

 光GENJI全盛の昭和六十三年、ジャニーズ事務所が世に送り出した次なるアイドル候補が、総勢十二人からなるグループ、「スケートボーイズ」だ。
 光GENJIのバックダンサーとして、テレビの歌番組やコンサートでの活動がメインで、少しでも顔と名前を売ろうとメンバー同士互いにライバル心を燃やし、明日のスターを夢見ていたのである。
 ある者はスケートボードやダンスの上達に力を入れ、またある者はジャニー喜多川氏に気に入られるように特別なレッスン(同性愛行為)に励んだり……。
 このような様々なハードルを乗り越えた六人の若者、木村拓哉、中居正広、草なぎ剛、稲垣吾郎、森且行、香取慎吾が十二人のスケートボーイズの中から選ばれた。
 昭和六十三年四月、「SMAP」が結成されたのである。
 最年長の木村と中居は高校一年生、最年少の香取慎吾はまだ小学六年生という、当時としてはかなり若いメンバーによる構成であった。
 ジャニーズファンの間では、各人ともそこそこ知られている存在だったが、一般における知名度はイマイチ。
 平成三年九月九日にシングルCD『Can’t Stop!!──Loving──』で歌手デビューを果たしても、歌番組不在の時代だったこともあって、セールス的に伸び悩んでいた。そのような下積み生活を続けていたSMAPの中でひとりだけ着実に知名度を上げていったのが、現在オートレーサーの「森且行」である。
 このときの森のことを知らない人からすれば、この事実は驚きだろう。無理もない話だと思う。SMAPがアイドルとして、全国的に有名になった頃には、グループ内で一番目立たない地味な存在になっていた森が、あのキムタクや中居より真っ先にスポットライトを浴びていたのだから。
 つまり、森はSMAP人気の上昇に反比例するように個人の人気が急落した珍しいアイドルといえよう(少年隊の錦織一清もこのタイプ)。
 唯一の晴れ舞台が、芸能界引退の会見なのだから、芸能人の人生とは本当にわからないものである。
 子供のときからの憧れのオートレースの世界に入るのが引退の表向きの理由なのだが、本当は芸能界にウンザリしたということらしい。
 そこで森の短い芸能生活を振り返り、彼を引退へと追い込んださまざまな原因を検証していく。
 森がジャニーズ事務所に入ったのは中学二年生のとき。そして、SMAPのメンバーとなった年から、ドラマで活躍するようになった。
 昭和六十三年十月、『3年B組金八先生』(TBS)に生徒役で役者デビューをし、平成元年二月には『ツヨシ、しっかりしなさい!』(日本テレビ)で初主役の座を射止めてしまうという、SMAPの中ではいちばんのスピード出世。
 浅黒い肌で野性的な瞳の、とってもワイルドな森は、ジャニーズ優等生タイプとして将来を有望視されていた。キムタクでさえ、森に対して嫉妬心を抱いて、時に言い争いをすることもあったというのだ。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。