マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

ときめきの丘で

ときめきの丘で


発行: ハーレクイン
レーベル: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★2
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

 気難しい父親の世話に明け暮れるセリーナは、つかの間の休息を求めて近くの丘にのぼった。いつもは誰もいない頂上に、見知らぬ男の人がいる。初対面なのになぜか懐かしさと親しみを覚え、彼とおしゃべりを楽しみ、久しぶりに幸せな時間を過ごした。それから間もなく、父が心臓発作で倒れ主治医が家に駆けつけた。驚いたことに、あの丘で会った男性も一緒だ。穏やかな目をした彼は、主治医の友人の医者だった。しかし再会の喜びは、すぐに新たな試練にかき消されてしまう。父の遺言で、家が慈善団体に寄付されることになったのだ。セリーナは追われるように故郷を出て、ロンドンで仕事を探し、安アパートメントに住み始めた。そんな彼女を必死で捜している人物がいるとは知らずに……。

抄録

 セリーナはクラレットをグラスに二杯飲んだ。テーブルの下ではパスがいわしの缶詰に舌鼓を打っている。もっと悲しくて不安になるかと思っていたのに、意外とせいせいした気分だ。五百ポンドを手に思いきって理想の男性を探そう。そう決心し、グラスの中身を意気揚々と飲みほした。
 理想の男性――セリーナはファンドーレンを思い浮かべた。だが互いの進む道に接点があるようには思えない。まずは何か仕事を見つけ、なるべく彼に近い男性との出会いに期待しよう。
 クラレットでほろ酔い気分のセリーナと、いわしをたらふくつめ込んで大満足のパスは、その晩気持ちよくぐっすり眠った。
 朝になるとヘンリーがやって来た。家の整理のためわざわざ仕事を抜けてきたと恩着せがましく言い、自分の私物リストを次々に増やした。銀器にクラレットに金属ケースに入った蒸留酒が三本、さらに母の形見の〈スポード〉のティーセット。
「親父が〈セルフリッジス〉で買ったディナーセットはマシューに残してやろう」ヘンリーは安物には用がなかった。「新品のコーヒーわかしもマシューでいい。ところでセリーナ、〈ウエッジウッド〉のビスケット入れはどこだ?」
「ダイニングルームの食器棚よ。でもマシュー兄さんと相談しなくていいの? 私にだって少しは希望をきいてくれたって……」
「マシューは普段使い用でいいに決まってる。あのちっぽけな家でパーティーもへったくれもない」
「でも教区の人たちを家に招いたり……」
 ヘンリーはそれを無視して言った。「おまえだって、役に立たないがらくたを押しつけられても困るだろう?」
「あら、どうして? 私がこれからどこでどうやって生活するのか知りもしないで。きっと知りたくもないんでしょうけど。グレゴリーとは別れたわ。原因は私の相続分がたった五百ポンドだから。あてがはずれたんでしょうね、きっと」セリーナは捨て鉢な口調で言った。「彼は最初からこの家と財産が目当てだったのよ」
 ヘンリーはきまり悪そうに言った。「しょうがないだろう。彼なりに事情があったんだから」
「じゃあ私はどうなるの?」
「どこかで職を見つけて、なんとかやっていくんだな。いずれは結婚すればいい」
 ダイニングルームでヘンリーが中国風の飾り棚を物色している間、セリーナはサイドテーブルから露店商で買った置物を手に取った。手をつないでいる男女の人形で、作りは大ざっぱだがとても愛らしい。ヘンリーやマシューにはなんの価値もないだろう。セリーナはそれを母が生きていたころの幸せな家庭の思い出として持っていくことにした。
 ヘンリーは自分の所有物をありったけ書きだし、ようやく引き上げていった。マシューも早く来ないと、ヘンリーが長男の強みでめぼしいものを根こそぎにしてしまうわ、とセリーナは思った。
 マシューは妻のノーラを伴って翌日やって来た。〈セルフリッジス〉のディナーセットは、母が亡くなって以来使われていないモーニングティーセットと一緒にその場で梱包された。さらにベッドカバー二枚とリネンのシーツひと抱え、応接間のクッション数個、マントルピースの上にあったぱっとしないデザインの置き時計も加わった。
「近いうちにまた来るわ」ノーラの言葉をあとに二人はさっさと帰っていった。
「さあ、私の番ね」セリーナはパスにつぶやいて、部屋を順にゆっくり回った。スーツケースに入れて持ってでるには小さいものしか無理だ。母の裁縫箱、家族の写真、例の置物に小さな陶器の人形が二個、母が描いたこの家の水彩画。それと現実的に考えて今後必要なものをいくつか。父の枕元のテーブルにあった銀のフレームの目覚まし時計、便箋とペン。屋根裏からはパスのために猫用バスケットも忘れずに出しておいた。
 でも、どこへ行くんだろう。パーキンズ弁護士の話ではまだ二、三週間はここにいられそうだ。明日はヨーヴィルへ行って職業紹介所をできるだけ多く回ろう。
 結果ははかばかしくなかった。タイプライターも打てない、ましてやコンピューターはちんぷんかんぷん。店員も経験がないと難しいと言われた。職業紹介所はどこも、何か見つかったら連絡しますという気の抜けた返事だった。
 待てど暮らせど連絡はなかった。家の遺贈先の慈善団体に明け渡しを一週間延長してもらったが、その週の終わりになってもまだ仕事は見つからなかった。仕方なくパスを入れたバスケットとスーツケースを手にヘンリーの家へ居候することにした。
 当然ながら迷惑がられた。ヘンリーは郊外に大きな家を構え、部屋に余裕があるにもかかわらず。彼自身は世間体もあるので表向きは寛大な兄としてふるまったが、妻のほうは露骨にいやな顔をした。そして寝室で夫と二人きりのときに容赦なく文句を言った。セリーナ一人でも迷惑なのに猫まで一緒だなんて、しゃくにさわるったらないわ、と。
 セリーナは職探しにいっそう熱を入れた。家政婦なら経験上は問題ないけれど、パスと別れなければならなくなる。紹介状もない家政婦にペットの持ち込みを許す寛大な雇い主はまずいないだろう。
っから派手好きな義理の姉は、自分の交際範囲を広げるチャンスと気づいた。セリーナに炊事や洗濯をやらせよう。ついでに学校から帰ってきた子供たちの世話も。
 セリーナは悔しい思いでただ働きに甘んじた。ヘンリーにそっくりの生意気で強情な甥と姪にさんざんてこずらされ、義姉には情け容赦なく顎でこき使われた。

*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。