マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・イマージュ

秘書と結婚?

秘書と結婚?


発行: ハーレクイン
レーベル: ハーレクイン・イマージュ
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ジェシカ・スティール(Jessica Steele)
 イングランド中部に、七人兄妹の六番目に生まれた。現在はウースターシャーの風光明媚で文化財に富んだ村に夫とともに住んでいる。公務員として働きながら夜の時間を執筆にあてていたが、夫の励ましを得てフルタイムの作家となった。一番の趣味は旅行で、メキシコ、中国、香港……と、取材をかねてさまざまな国を訪れている。

解説

 ■彼が求めているのは秘書としてのわたし。決して妻としてではない。
 ■結婚なんて絶対にしないわ! チェズニーは固く心に誓っていた。両親や姉たちの悲惨な結婚生活を目の当たりにしていれば、それも当然というものだろう。仕事に生きがいを求めようと心に決め、チェズニーは個人秘書の職に応募して首尾よく採用された。上司は、大企業の取締役であるジョエル・デヴェンポート。金髪で青い瞳の彼に、チェズニーはたちまち魅せられてしまう。でも、有能な秘書が上司に恋するなんてもってのほか。つのる思いを秘めて仕事をこなしていたある日、チェズニーはジョエルの持ちかけてきた話を聞いて仰天する。二年間の期限付きで結婚してほしいと言われたのだ。
 ■ある日突然、憧れの上司から奇妙な形の結婚を申し込まれたヒロインが選んだ道は……。

抄録

「楽しみにしているよ」電話番号を教えたとき彼が身を屈めたが、身を引くのを感じたのか頬のキスにとどめ、チェズニーが建物に入るのを待った。
 フラットの調度は両親や祖父母や姉たちからのもらい物や、自分で買った家具の寄せ集めだが、いい感じに調和して家庭的な雰囲気を醸し出している。
 でもくつろいではいられない。手を洗って早速、冗談で書斎と呼んでいる小さな寝室に向かった。
 仕事を始めて四十五分経ったとき外のブザーが鳴った。フィリップかしら。なぜ戻ってきたのだろう。チェズニーは小さな玄関ホールで建物の表玄関に通じる受話器を取った。「どなたでしょうか?」
「デヴェンポートだ」歯切れのいい声が返ってきた。
 デヴェンポートですって。まさか胸にあるお小言を浴びせたくて、美しいイモジェンを置いてきたわけではないでしょうね。こんなに夜遅く? まさか。でも彼は愛想のよい口調ではない。
「中へどうぞ」チェズニーも歯切れよくこたえた。わたしは解雇の理由になることをしたかしら。そうは思わない。それにくびを言い渡すために家を訪ねたりしないだろう。それともするかしら。
 玄関で待ちながらチェズニーは彼の用向きがなんにしろ心構えだけはしておき、呼び鈴が鳴るなりドアを開けた。ふたりは交戦中の敵さながらに冷たくにらみ合った。やがてジョエルが口を開いた。
「まだ着替えていないのか」敵意に満ちている。彼が黒いワンピース姿をさっと眺めた。前にはなかった胸元の谷間の優美な丸みに一瞬視線が注がれた。
 チェズニーは両手で胸を隠したい衝動を覚えながら背を向け、中に入るように勧めて居間に案内した。もしわたしが寝ていたとしても、彼はブザーを鳴らしたにちがいない。
 居間で向かい合うと、チェズニーがたずねる前にジョエルが口を開いた。「朝あの書類が必要だと君は知っていたはずだ」彼は空港から会社に立ち寄り、命じた書類がデスクにないのを発見したらしい。「それなのに君は――」
「訪ねてくださって助かりました」彼女は内心はらわたが煮えくり返りながらも穏やかにさえぎった。「少しわからない点があって。もしお疲れでなかったら手を貸していただけますか?」彼がいぶかしげに目を鋭くした。ああ胸がすっとした。「書斎にどうぞ。あの書類を作成しているところなんです」
 彼の目がきらりと光った。一戦交えるために訪ねてきたのに怒る理由がなくなって気に入らないのだ。おあいにくさま。
 チェズニーが期待に添うつもりだったと知り感心したのかどうか、彼は書斎までついてきた。室内にはタイプして印刷した書類もある。
 ジョエルは疑問にはすぐこたえたものの、にこりともしない。怒りの矛先を奪われたことが気に入らなくて、まだ一戦交わしたいのだろうか。
「朝八時までにデスクに用意するつもりでした」
 その骨折りに敵意のまなざしが返ってきた。チェズニーは悦に入りながら彼を玄関まで見送った。彼はドアの取っ手に手をかけてチェズニーを見下ろし、ためらってから言った。「昨日話し合ったのに君がポメロイと出かけるとは思わなかった」
 話し合った? フィリップがライバル企業のトップだと教えられただけだ。わたしの仕事は極秘だと念押しする必要を感じたらしいのが腹立たしい。
「もしフィリップがわたしから秘密情報をきき出そうと狙っているなら、会社に電話して名乗るわけがないでしょう」憤然と浴びせたので、彼女のクールなイメージはぼろぼろになった。「二カ月近くあなたの個人秘書をしてきたわたしが、秘密でもなんでも情報をもらすと本気でお考えですか?」かんかんに怒ってまくし立てると、彼はクールな仮面が壊れるのを楽しむように見つめ、ずうずうしくもほほえんだ。
「仕事が忙しくて最初のデートでおやすみのキスもできず、気の毒なことをしたね」彼が魅力たっぷりに言った。
 向こうずねを蹴ってやりたい。チェズニーは懸命に自制した。「あなたこそキスもしないで寝るおつもりのようですけど」にこやかにこたえたが“まさか”と言わんばかりの瞳を見ていやな気分になった。お色気たっぷりのイモジェンがどこかで待っているのかしら。
 それには触れず彼は外に出て、いともやわらかな声で言った。「あまり遅くまで無理しないように」
 チェズニーはジョエルの後ろ姿をねめつけた。ひとでなし!

 その月も終わるころにはチェズニーはしだいに仕事に慣れてきた。この職は自分に向いている。仕事はきつくて夜遅くなる日も多く、大きな会議のときは週末がまるつぶれになったが、この仕事が大好きで生きがいを感じ、ほかの仕事をするなんて考えられなかった。生きる場所を見つけたような、ジョエルのために働くのが目標だったような気がした。
 フラットを訪ねてきた彼が、意外にもわたしが翌朝には会議資料を用意しておくはずだったと知ったあの夜以来、ふたりは互いに敬意を抱く、息の合った上司と個人秘書になった。
 同じ夜フィリップに家の電話番号を教えてから、彼はよく電話をしてくるが会社にはもうかけてこない。ときどきふたりで外出するが、友人づき合いだと彼にはわかっているだろう。現に、いつも別れ際にされる頬へのキスは友人同士が交わす挨拶のはずだ。明日の夜もフィリップと会う約束になっている。
 金曜の昼近くにデスクの電話が鳴った。「ジョエル・デヴェンポートのオフィスです」

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。