マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

いつか花嫁に

いつか花嫁に


発行: ハーレクイン
レーベル: ハーレクイン・セレクト シリーズ: いつか花嫁に
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

 平凡で控えめな看護師のキャロラインは、休暇で訪れたアムステルダムですてきな男性と巡り合った。マリウス・フアン・ハウベン――同僚のコリーナの従兄だ。すばらしい家に住み、背が高くてハンサムなマリウスは、コリーナに頼まれて本を届けただけのキャロラインに優しくしてくれた。休暇が終わり、イギリスに戻っても、彼の面影が忘れられない。もう二度と会うこともない人なのに……。けれど思いがけず、彼女の働く病院にマリウスがやってきた。なんと彼は、高名な麻酔医だったのだ! にっこり微笑みかけたキャロラインを、マリウスは冷たく見つめるだけ。彼は、わたしのことなんか覚えていないのかしら……。

 ■優しく心温まる作風で変わらぬ人気を誇るベティ・ニールズ。9月にハーレクイン・イマージュから刊行される新作は、勤勉で家族思いのけなげなヒロインが、美しい恋人のいる男性にかなわぬ恋心を抱く、それはそれはせつない初恋の物語。どうぞご期待ください。

抄録

 マリウスは吐息をついて部屋をあとにすると、病院から道路へ出た。
 キャロラインは足早に歩きながら、四つ辻に来るたびに方向を確かめた。明日は発つことになるだろうから、アムステルダムの街を見られるのは今夜だけだ。メグ叔母にどこへ行ったのときかれるに決まっている。今日は夜景を見るチャンスだ。レンブラント広場のまわりにはカフェーがいくつもあるとガイドブックに書いてあったから、そこでコーヒーを飲み、徒歩か市電で帰ろう……。
 道は明るく照らされていて、人通りも多い。キャロラインは表通りを離れるつもりはなかった。ときどき足を止めて、美しい建物や運河をながめた。一、二度話しかけられたが、知らん顔をしているうちに相手は人込みの中へ消えていった。お金は少ししか持っていないし、目立つ存在でもないからびくびくすることはない。だが、人が増えてくるにつれて、独りでこんなに遠くまで来るべきではなかったという気がし始めた。彼女は再び足を止め、街灯の下で地図を見た。レンブラント広場はもうすぐだ。彼女が足を踏み出したとき、突然一人の若者に道をふさがれた。顔は汚れ、髪は不潔で、見るからに汚い格好をしている。若者は話しかけてきたが、キャロラインは何を言っているのか少しもわからなかった。
 そでをつかんでいた彼の薄汚れた手をぐいと押しのける。「残念ながらわたしはオランダ語がわからないの」そう言ってキャロラインは若者から離れようとした。彼は手にいっそう力を込め、不愉快な笑顔を見せた。「放してちょうだい」キャロラインはきっぱりと言ったがなんの役にも立たず、彼に両腕をつかまれてしまった。この若者は金を欲しがっているのかもしれない。あいにくジャケットのポケットに入れていた財布には手が届かなかった。「手を放して、お願いよ」声が少し震える。「放さないと助けを呼ぶわ」
 叫んでもだれの耳にも入らず、注意を払ってもらえないかもしれない。若い男女が大勢腕を組み、歌いながら騒がしく行き来しているのだから。だが試してみる価値はある。キャロラインは口を開け、大きく息を吸い込んだ。そのとたん、耳元で優しくささやくマリウス・ファン・ハウベンの声がした。「悲鳴をあげる必要はないよ、キャロライン」彼がその若者に話をつけると、若者はぶつぶつと何かつぶやいてから人込みの中へ消えていった。
 キャロラインは安心すると同時に怒りを覚えた。「悲鳴をあげるつもりなんかなかったわ。助けを呼ぼうと思っただけです」
 マリウスはキャロラインの腕に手をかけた。「ずいぶん遠くまで来たんだね。病院へ帰る前にコーヒーでも飲もう。レンブラント広場へ向かっていたのかい?」キャロラインがうなずくと、彼はこともなげにあとを続けた。「観光客に人気の場所だ。叔母さんと一緒には行かなかったのかい?」
 キャロラインは泣き出したいのをこらえて言った。「昼間行っただけなんです。夜景を見て、叔母に話してあげようと思って」
 「それはいい考えだ」
 二人は広場に着いた。カフェーやレストランが舗道にもテーブルを置き、どこも人でいっぱいだ。マリウスはそこを通り過ぎ、キャロラインをカナンサ・クレスト・ホテルのロビーへ導き入れた。煌々と明かりがついて、中は活気にあふれている。キャロラインはほっとしながら、感謝をこめたはにかむような微笑を彼に向けた。「レンブラント広場がこんなに人気のある場所だとは知りませんでしたわ」
 マリウスはコーヒーを注文してくつろいでいる。キャロラインはそわそわしながら、なぜ夜になってから見知らぬ街をうろついていたのか、ときかれるのを待っていた。きっとお説教をされるわ……。
 だがマリウスはそのことには触れなかった。二人はコーヒーを飲みながらとりとめのない話をし、キャロラインはなんとなくほっとした。あの若者に腕をつかまれたとき、ひどくおびえたことが恥ずかしいけれど、病院へ着いたらファン・ハウベン先生に礼を言って、謝ることにしよう。
 やがて二人は、今度は静かな小道を通って病院へ戻った。キャロラインはマリウスにおやすみのあいさつをしてからつけ加えた。「あの男を追っ払ってくださってありがとう。独りで出かけるなんて無謀でしたわ」
 「君は自分で自分の面倒を見られる人には違いないが、ぼくにうそをついたのはいけないね。あんなことは二度とするんじゃない。では、おやすみ」
 マリウスがドアを押し開けた。キャロラインはほおを赤らめ、怒りの涙をにじませながら彼と別れた。もちろん彼の言うとおりだ。でもあんなに冷たい言い方をしなくてもいいのに。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。