マイリストに追加

和書>ビジネス・教育ビジネスビジネス読み物

他人[ひと]を意のままにあやつる方法

他人[ひと]を意のままにあやつる方法


発行: 河出書房新社
レーベル: KAWADE夢文庫
価格:450pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ライフ・エキスパート(らいふえきすぱーと)
 平穏に思える日常のなかで、実はさまざまな不安や悩み、病理をかかえる現代人。その生活全般に鋭くメスを入れ、心身ともに充実した豊かな毎日を送るためのノウハウを多角的に研究。21世紀のあるべき理想のライフスタイルを提唱する、頭脳集団である。著書には『健康になれる効きワザ・すぐれワザ』『パソコン そんな簡単ワザがあったのか』『メールマガジンを10倍楽しむ方法』『人間関係 うまくいく人、いかない人』(小社刊)がある。

解説

 気難しいあの人も、怒っているあの御仁も、そして片想いの彼や彼女も、この心理テクニックを使えば問題解決。あらゆる場面で役に立つ実践心理テクニック集で、厄介な相手もコロリ! 面白いほど人づき合いがラクになる虎の巻!

目次

もう対人関係で悩まない実践心理の秘策集●まえがき


Chapter1 厄介な相手もコロリ!
他人(ひと)をスッと説得してしまう方法
 1 初対面の人に、好意を抱かせて説得する方法
 2 かたくなな人を、いつのまにか説得する知恵
 3 説得の基本は、こんな姿勢にある
 4 人をその気にさせる“ダメ”の押し方
 5 忙しい人を、スピーディに説得する方法
 6 説得できるか否かは、最初の3分で決まる
 7 ねばり強い説得は、本当に好結果を生むか
 8 信念を曲げない人を、上手に説得する方法
 9 話にのってこない人を、説得する戦術


Chapter2 無理難題もバッチリ!
他人(ひと)にYESと言わせちゃう方法
 10 頼みごとを成功させる“話し方”の基本
 11 無理な頼みごとをOKさせる荒ワザ
 12 どうしてもYESと言わない人への最終手段
 13 頼みごとは雨の日と晴れの日で使いわける
 14 借金のお願いにYESと言わせるポイント
 15 あまのじゃくな人を信用させ、OKさせる方法
 16 暗礁に乗り上げた交渉を、簡単に突破する極意
 17 うさん臭い商品を、警戒させずに買わせる知恵


Chapter3 対立する相手も怖くない!
他人(ひと)からの圧力をサラリとかわす方法
 18 興奮しまくっている人を、冷静にさせる方法
 19 敵対関係にある人と、仲良しになる裏ワザ
 20 嫌いな人と、うまい関係をきずく極意
 21 苦情をまくしたてる人を、味方につけちゃう方法
 22 感情的になりやすい人を、やんわり丸め込む知恵
 23 自分を嫌っている相手を、見事、説得する技術
 24 強硬に反対する人と、うまく話をまとめる方法
 25 ガンコな人を、確実に説得する秘策
 26 とりつく島のない相手に、関心をもたせる技術


Chapter4 ヤル気のない人も変身!
他人(ひと)の心(ハート)に火をつける方法
 27 おとなしい人を“悪魔”に変える方法
 28 なまけ者を“努力の人”に変えるワザ
 29 ごく普通の人を“できる人”に変える知恵
 30 ほめながら、相手を不安に陥れる方法
 31 ダメ社員を“燃える社員”に変える秘策
 32 遠慮がちな人を“積極派”に変える裏ワザ
 33 人を“やる気”にさせる話術の基本
 34 絶望している人を奮起させるテクニック


Chapter5 男と女のここ一番!
大好きなあの人をその気にさせる方法
 35 彼女に「今夜はOK」と、すんなり言わせる技術
 36 彼女を“落とせる”店の選び方
 37 確実に好意を抱かせる、コミュニケーション術
 38 いつのまにか、相手を恋の虜(とりこ)にさせる話し方
 39 「この人とは結ばれる運命にある」と思わせるワザ
 40 友だちから恋人へ、壁を乗り越える裏ワザ
 41 初対面の人に安心感を与えるテクニック
 42 初対面の人に「また会いたい」と思わせるワザ
 43 二人をより強く結びつける魔法の言葉
 44 好意を“愛”に変える告白のテクニック
 45 相手をメロメロにする、ほめ方の極意


Chapter6 仕事の効率もグンとアップ!
職場の他人(ひと)をうまく操縦する方法
 46 上司を怒らせずに不満を言う方法
 47 口うるさい上司を手なずける技術
 48 上司を確実に説得する知恵
 49 いまどきの若手社員が納得する叱り方
 50 過大なノルマを、文句なくやらせる秘策
 51 無理な目標を、喜んでやらせる方法
 52 みんなで協力すると、成果は上がらない
 53 バラバラな社員を一つに結束させる方法
 54 失敗しても、大きく信用を落とさない知恵


Chapter7 不利な状況を一変させる!
他人(ひと)を自分のペースに引き込む方法
 55 不平不満の嵐を、一声で切り抜ける方法
 56 情報を操作して、相手の態度を180度変える知恵
 57 ミスを犯しても“自分有利”にしてしまう極意
 58 気乗りしていない人を、自分のペースに巻き込む技術
 59 一方的な“おしゃべり”を、さりげなく止めさせる方法
 60 へそ曲がりな人に、思うツボの回答をさせる秘策
 61 強い要求を、角を立てずにつっぱねる技術
 62 優柔不断な人を、意のままに決断させるワザ


Chapter8 かたくなな相手を攻略する!
他人(ひと)の本音を上手に聞き出す方法
 63 部下の“悩み”を聞きだす質問法
 64 部下にポロッと本音を漏らさせる技術
 65 うなずく回数をふやすと、相手はしゃべりだす
 66 相手を饒舌(じょうぜつ)にさせる、あいづちの打ち方
 67 拒否的な態度の人から、話を引きだすワザ
 68 貴重な情報をまんまと聞きだすテクニック


Chapter9 世間には仕掛けがいっぱい!
あなたはすでに他人(ひと)にあやつられている……
 69 あなたは“偶然”聞いた噂話に踊らされている?!
 70 あなたは抽象的な表現にそそのかされている?!
 71 あなたは中間管理職にされ、その気にさせられている?!
 72 あなたが街角で思わず“募金”してしまう一言
 73 あなたがバーゲンで、余計な物まで買ってしまう理由
 74 あなたがお店で、広告の品より高い物を買ってしまう理由
 75 あなたはセールスマンの、この殺し文句にやられている
 76 あなたは、ついこんな話に耳を傾けている

抄録

   46 上司を怒らせずに不満を言う方法


 職場の上司に不満を抱いている人が少なくない。仕事ができない上司、人使いが荒い上司など、部下として働きづらい上司は、けっこういるものである。
 しかし、だからといって「課長はいつも指示が曖昧《あいまい》だから、ムダな仕事ばかりすることになって困ります」などと上司に不満をぶつけられないのが、サラリーマンのつらいところ。
 不満を解消するためには、赤ちょうちんで上司の悪口をいい合うしかなさそうだが、じつは、上司を怒らせずに不満をいう、うまい方法がある。それは「対比の心理」を使う方法である。
 人間誰しも、面と向かって「あなたのここが悪い」といわれれば腹を立てるものだが、このとき「でも○○さんよりはマシ」といわれると、それほど悪い感情を抱かなくなる。
 たとえば恋人である彼女の遅刻グセがいやで、「なんで、もっと早くこれないんだ」などといえば、彼女はムッとするだろう。さらに「同僚の△△さんなんて、約束の一〇分前にはかならずくるぞ」などと他人と比較して文句をいおうものなら、「じゃあ、彼女とつきあえば!」といったことにもなりかねない。
 しかし、同じ他人と比較するのでも、「まあ、それでも同僚の××さんにくらべたら、マシなほうだけどね。彼女なんて、彼氏を平気で一時間、二時間待たせ、とうとうフラれちゃったこともあったらしい」などといえばどうだろう。
 彼女は、自分が批判されているにもかかわらず、「××さんよりはマシ」といわれたことで、それほど心は痛まない。しかも、自分自身の遅刻グセに気がついて、それを直そうとするかもしれないのだ。
 こうした「対比の心理」は、恋人同士だけではなく、もちろん上司に対しても使える。
 たとえば上司に対し、「課長の指示が少しわかりにくいのですが……」といったあと、前の課長の話をもちだす。「もっとも××課長のときは、ひどく曖昧で苦労しましたから、それにくらべればほんとうに仕事がやりやすくなって助かってます」などというのだ。
 課長は、「××課長よりいい」といわれたことで自尊心を満足させられるため、不満をいわれても、悪い感情を抱きにくくなる。それだけでなく、部下の不満を知って、これからはもう少し、わかりやすい指示をだそうと心掛けるようになるかもしれない。
 かならずしも不満を上司が聞き入れてくれるとはかぎらないが、「部下がこういう不満を、もっている」と心にとめておいてもらうのは、悪いことではない。
 また自分としても、不満をただ黙って耐えているよりは、「一度は苦情をいった」ということで、自分なりに納得もできるもの。これだけでも精神衛生上、大きなプラスといえるだろう。


   47 口うるさい上司を手なずける技術


 口うるさい上司というのは、どこの会社にもいるものだ。やれ頼んでおいた書類はできたのかとか、明日の会合の準備は大丈夫かとか、はては机の上が汚いとか、字が汚いなど、細かいところまで文句をいったり、過去の失敗をもちだして、「君はいつも、重要なところでポカをするからなあ」などといったりもする。いっていることに間違いはないとはいえ、あまりうるさくいわれると、こちらのやる気まで削《そ》がれてしまう。
 こういう上司は、つい避《さ》けたくなるのが人情。できるだけ席にいないようにするとか目を合わせない、なにかいいたそうにしていても、「いま急ぎの仕事があるので……」などと逃げてしまいがち。こちらから話しかけるなどもってのほかだが、こうした対応はじつは逆効果だ。
 部下の仕事になにかと口をだしたがる上司には、こちらから近づいていったほうが、かえって面倒がないのである。
 口うるさい上司というのは、じつは不安感の強い人が多い。いわゆる心配性というもので、なんであれ、部下に任《まか》せきることができない。自分が一から一〇まで管理しないと、うまくいかないのではないかと心配する。ちょっとでも自分の考えと違うことをされると、先行きが不安で仕方ない。そんな性格だからこそ、なにかと口だししてしまうのだ。
 こういう上司について、「大丈夫ですから、心配しないでください」といってもムダだ。それよりは上司が気のすむように、こちらから動いたほうがいい。上司が不安に思いそうなことを先回りして、「これでいいでしょうか」とこちらから働きかけるのだ。
 書類を頼まれたら、ときおり途中経過を報告する。
 「いま、ちょうど半分ぐらい終えたところですが、明日の夕方までには提出できます。途中なので不完全ですが、ご覧になられますか」などといえば、心配性の上司も安心するだろう。安心すれば、その上司も細かいことをいうのを、すこしはセーブできるようになる。
 また、いつも先回りした行動をとっておけば、上司からの信頼も得られやすい。心配性の上司でも、やがて「あいつなら、確認しなくても大丈夫だろう」という気持ちになってくるはずだ。
 口うるさい上司には逃げ回るより、あえて自分から近づくことで、より適切な距離をとることができるのである。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。