マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説日本SF小説

時間帝国

時間帝国


発行: オンライン出版
価格:470pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 川又 千秋(かわまた ちあき)
 1943(昭和23)年12月4日北海道生まれ、慶応義塾大学卒業。
 1972年幻想小説論「夢の言葉・言葉の夢」で評論家としてデビュー。70年代後半から小説を意欲的に発表しはじめる。「天界の狂戦士」「反在士の鏡」などのSFと並んで、「赤道の魔界」などのアクション小説も手がけている。
 「火星人先史」で星雲賞、「幻詩狩り」で日本SF大賞を受賞。

解説

 華麗に繰り広げられる、SFファンタジー!


 禁断の泉で結ばれたひとりの旅人と村娘。男は去り、娘はひとりの男児を産み落として亡くなった。掟に背いたゆえに、子供には名も与えられず、ある老夫婦に引き取られ、再び村には静寂が訪れた。が、そのときから、新たな運命の輪が回転しはじめ、新しい時間の種が成長を始めたのだ。「時間の王宮」にさまよい出た男児を待ち受ける過酷な宿命とは……。壮大なSFファンタジー。

目次

前話   紫月の旅人
第一話   エルヴァの道
第二話   西の都
第三話   少年鼓手
第四話   雷王バウ
第五話   太陽の砦
第六話   反逆
第七話   死の抱擁
第八話   遊女サーザラ
第九話   迷宮脱出
第十話   隊商頭ジルボル
第十一話  金貨十枚の誘惑
第十二話  不思議な馬車
第十三話  トルテンベルの最期
第十四話  樹海の怪物
第十五話  青い平原
第十六話  終着都市
第十七話  公平審判団
第十八話  船長モルケイン
第十九話  セラファン海流
第二十話  快速雷撃艦
第二十一話 超都市SYG(サイガ)
第二十二話 弾丸軌道車
第二十三話 戦鬼兵団
第二十四話 時の泉
後話   雷王伝説

抄録

 「誰(だれ)? 誰なの……」
 娘は思わず小さく叫んだ。
 しかし、村の人間が、この禁じられた場所にやってくるとは思えない。
 それは、あり得ないことだ。
 娘は、身を固くした。
 物音のした方角を目で探りながら、ぎこちなく手足を動かして、寛衣が脱ぎすててある水辺へと引き返しはじめた。
 再び、茂みが鳴った。
 「誰なの? ここへ来てはいけないわ!」
 娘は、また、声を張り上げた。
 そうしながら、ようやく足が届いた水底を蹴(け)り、ざぶざぶと泉を掻(か)き分(わ)けて、岸へと這(は)い上がった。
 その時、木立ちの背後のいばらの茂みが、ふたつに割れた。
 「あっ……」
 娘は息を呑(の)んだ。
 そこから現われたのは、男だった。
 旅人らしい。
 一本の杖(つえ)のような長い棒を右手に持ち、背中には、粗末な旅具を背負っている。
 娘の口が、悲鳴の形に開いた。しかし、恐怖が、そこからほとばしり出ようとする声を押し殺した。
 娘は、動くこともできず、ただ男をにらみつけた。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。