『びんたん』さんのレビュー

次の20件 →

【電子限定おまけ付き】 ラプンツェル王子の通い妻 【イラスト付き】 著: 小中大豆 画: 麻々原絵里依


★★★☆☆ 3
悪気はないんだけど気もきかないし思いやりもない甘ったれた攻めにイラっとくるので、愛想つかされてちょっとスッキリしました。反省してなんとか心を取り戻そうと必死になるもポンコツなので、これからスパダリになることはなさそうです(笑)でもそこを可愛いと思ってるからお似合いの2人でした。 (2019-06-03)


アルファの耽溺〜パブリックスクールの恋〜 著: ゆりの菜櫻 画: 笠井あゆみ


★★★★☆ 4
あらすじからもっとライバルとして切磋琢磨しながら葛藤しながらも結ばれるのかと思いきや、アシュレイは最初からメロメロだし由葵もわりとあっさりと受け入れちゃったのが残念でした。 (2019-05-01)


ヴァンパイアと子守り恋夜行 【イラスト付き】 著: 小中大豆 画: 陵クミコ


★★★★★ 5
生活感(笑)!!大吸血鬼のはずなのに税金しっかり収めて床に這いつくばって雑巾がけ(笑)夜壱がお人好しで純粋でとにかく可愛い!!出会いは戦時中という事もあって儚い切ないやり取りにウルッときたのですが、現代のシーンは小中さんらしく誰も悪い人のいないほのぼの安心設計でほんわかしました。 (2019-02-24)


ふさいで〜イエスかノーか半分か 番外篇3〜 著: 一穂ミチ 画: 竹美家らら


★★★★☆ 4
お互い唯一無二の存在だというのはわかるのですが、どうしても恋愛ではなく仕事上での尊敬にしか思えず...むしろ恋愛要素抜きの方が最高に面白い作品な気がします。思わずシリーズ読み返してしまいましたが設楽さん決して人格者なだけでなく、けっこう自分の思い通りに人を動かしていて番組において支配者なんですよね。傍若無人に振る舞う栄の方が繊細で孤独。新聞社シリーズの密が大好きなのですが、同じ傍若無人でも栄はだいぶ可愛げがあります(笑)天才と非天才の渇望、作り手側の業がとにかく深いです。 (2019-02-23)


きみが好きだった 著: 凪良ゆう宝井理人


★★★★★ 5
育ちのいいお坊ちゃんは若い頃はヘタレに思えますが、大人になると魅力的になるという見本のようです!!!生まれ育った環境にコンプレックスある側からすると眩しくて身を引きたくなってしまうんですね。それをあくまでも優しく!押しつけがましくなく!想いを伝え続けるという....お坊ちゃん万歳です。 (2019-02-07)


不実の従者と狼の花【イラストあり】 著: 綾ちはる


★★★☆☆ 3
謎が解けるまでがかなり長く、長い分期待してしまったので肩すかしのガッカリ感が大きかったです。ファンタジー物には世界観の説得力とファンタジー自体の面白さも必要な気が。千里とアキルもいまいち魅力を感じず。 (2018-11-30)


恋惑星へようこそ 著: 砂原糖子 画: 南野ましろ


★★★★☆ 4
ヘタレ攻が好きなのかもしれません...。好きな相手の気を引きたくて必死過ぎる。全部裏目に出てたとしった時の慌てようといったら可愛い過ぎる!攻がスライムって斬新ですねー (2018-11-17)


狼くんは社長の甘いごちそう。 【イラスト付き】 著: 小中大豆 画: サマミヤアカザ


★★★★☆ 4
優秀だけどえらそうでひねくれていてちょっと不器用な環千のキャラクターがとっても面白く、九郎の一生懸命さに絆されて素直になっていくところがほのぼの安心して読めます。狼設定はなくても良かったのでは??充分面白かったです。どこでもつながるドア(笑)にウケました。 (2018-11-17)


運命の向こう側【イラストあり】 著: 安西リカ


★★★★★ 5
「アルファのすべてはオメガのために」の言葉にウルっときました。支配的なアルファとは真逆で、冬至は自分だけのオメガをずっと求めてやっと会えた春馬に夢中でメロメロすぎてちょっとヘタレなくらい。それがバース性のない世界にトリップしてお互い唯一の存在でなくなっても気持ちは変わらないのか??というところからの2人の絆が深まる様子が感動的です。本当のスパダリって冬至みたいなタイプじゃないのかな。誠実な愛が深い! (2018-11-17)


【電子限定おまけ付き】 嫌われ魔物の大好きなひと 【イラスト付】 著: 伊勢原ささら 画: テクノサマタ


★★★☆☆ 3
可愛いお話ですがツッコミどころが自分の中で消化しきれず。人と接点なく暮らしていたはずなのにあっさり人間社会に馴染んでいたり、不思議な花の設定が都合良すぎたり...。何となくBLではなくほのぼの友情ものとして読みたかった気がします。 (2018-10-26)


捜査官は愛を乞う 著: 鳥谷しず 画: 小山田あみ


★★★★★ 5
鳥谷さんのお話はちょっと様子のおかしい攻めがたくさんでてきますが、百合永も指折りの変態!プレイはそこまでではないのですが、お話が通じない具合がすごい(笑)全くブレない変態にジワジワと追い詰められて結局まんまといただかれてしまいました。 (2018-10-22)


【電子限定おまけ付き】 愛しのオオカミ、恋家族 著: 鳥谷しず 画: コウキ。


★★★★★ 5
恋愛をすっ飛ばして可愛い子供(子狐?)2人とのほのぼのラブラブファミリー日記に突入します。スパダリ風の攻めも始めは甘々だったのが蓮をからかったり子狐に張り合ったり、完全にお父さん!!!いろいろ設定つっこみたかったりするのですが、あまりに可愛くてどうでもよくなります(笑) (2018-10-22)


HARD TIME DEADLOCK外伝 著: 英田サキ 画: 高階佑


★★★★☆ 4
いろんな物を失うルイスが余りにも不憫なのですが、その代わりにユウトやロブやお馴染みのメンバーとこれからいい友人になっていければいいですね。ダグがとっても善良(誠実というより善良がしっくりきます)で救われます。そういえばこのシリーズわんこは初ですね。 (2018-09-25)


視淫に溺れる【イラスト入り】 著: 沙野風結子笠井あゆみ


★★★★★ 5
天人設定がとても活きていてサスペンスとしても読み応え充分。眼から相手の心に押し入って犯して操るという描写にはゾクゾクしました。話自体はシリアスなのですが西賀が俺様野獣かと思いきやけっこうヘタレ、篠束も傲慢冷血どころかチョロすぎて可愛いくらいです。2人のキャラが良いので読後感もスッキリでした。 (2018-09-17)


ハイスペックな彼の矜持と恋【特別版】 著: 夕映月子 画: 香咲


★★★★☆ 4
若干タイトル負けしているような...ハイスペックというよりは融通きかない真面目な槙がもだもだと悩んでる話です。気持ちよかったんでしょ?だったら攻守交代位あっさりしちゃえばいいのに!と頭堅すぎてじれったい事この上ない。でもじーっくり悩んだ結果が男らしくてとっても気に入りました。 (2018-09-10)


灰かぶりの婚姻〜つがいのおとぎ話〜【イラスト入り】 著: 和泉桂Ciel


★★★☆☆ 3
スパダリだったはずがアルファとはいえ初めてを野外でしかもそれなりに強引に(笑)次も連れ込み宿に連れ込んでますからね。想像以上にがっついていてビックリです。オメガバースにする必要と灰かぶり設定にする意味があったのかなぁ?が減点でした。 (2018-08-28)


運命ではありません 著: 一穂ミチ 画: 梨とりこ


★★★★☆ 4
何を考えてるかわからない変人ではなく、楡は繊細すぎて飄々とした振りをしているんですね。澄が育ちがいい(お金持ちではなくとってもいい家族で育った方)から真っ直ぐ素直で、そういう人といると周りも心が浄化されていくんだなという感じです。最初は甘やかしてくれていても心が伴っていなかったのが、最後は心底澄にメロメロで甘やかしてるのがわかっていいですね。 (2018-08-28)


心を半分残したままでいる(1) 著: 砂原糖子 画: 葛西リカコ


★★★★☆ 4
2人のMが出てきました。絶対こっちがMだよね?!とは思うのですが...きっとまだまだどんでん返しがあるんですよね。記憶力のリセット=1つ人格の死なんでしょうか。目の前にその人はいるはずなのに、それは別の人だなんて辛すぎますよね。朝が遠くて明日がなかなかこないというセリフに苦しみが溢れていて泣きそうでした。 (2018-08-20)


きみはぼくのつがい【イラスト入り】 著: 栗城偲コウキ。


★★★☆☆ 3
Ωの肉体的な苦労というよりも社会的な差別に苦しんでいるのがなかなか珍しいお話でした。残念だったのは一波乱あるかなと思ったストーカーの正体と、小学生ながらにちょっとえらそうな嗣英が良かったのに大きくなったら普通のイケメンになってしまった... (2018-08-20)


灰とラブストーリー 著: 砂原糖子 画: 穂波ゆきね


★★★★★ 5
ちょいSな大人×強気意地っ張りが大好きなので本当に面白かったです。ちょっと引く位口が悪いんですが、全部天の邪鬼なんだと知ってしまうと可愛くってどうしようもなくなります。中馬が可愛い可愛い言うのも仕方がない! そして鹿児島に行きたくなる一冊です。そんなジャンルあるのかわからないですがご当地BLとして魅力たっぷりです。 (2018-07-21)


次の20件 →