『シエル』さんのレビュー


鬼畜 著: 吉田珠姫 画: 相葉キョウコ


★★☆☆☆ 2
表紙もイラストも良かったんですが、内容に萌えもエロさもなかったです。鬼畜?何か違う気がする…。弟の幼稚な言葉が後半につれて豹変してくれたら萌えたかもしれないケド、兄も加わって幼稚言葉が増すとは思わなかった…ただただ萎えただけ。ストーリーもシチュエーションも嫌いじゃないんだケド、楽しめなかったです。何故兄は自分にさせられた事も忘れ、弟の言葉を信用出来るのか…頭悪すぎる。どうせなら2人共、人生終わらせてくれた方が最後まで狂ってたと思えたかも。 (2014-01-12)


嘆きのヴァンパイア 〜愛しき夜の唇〜 著: 愁堂れな


★★★★☆ 4
作者も表紙も好きな先生で、ヴァンパイア物もヤクザ物も好きなので購入しました!今時古風なヤクザだなぁ~とかも思いましたが、あまり気にせず読めました(・ω・)恋人が居たにも関わらず、リュシアンへの想いがわからないとか…ヤクザなのに(?)鈍い…BL的にはよくある展開かな?続編あったら読みたい気もしますが、この作品はこうゆう終わり方のがいいのかな?作品自体は面白かったです(*・ω・)ノ個人的はリュシアンのヴァンパイアらしい所をもっと読みたかった気もします。吸血シーンがあまりないのが残念です(´・ω・`) (2013-05-05)


傲慢な龍の背信 著: 鹿能リコ 画: 樹要


★★★★☆ 4
3冊で1つのストーリーで、今回はその内の2冊目なのでまだ話は終わりません(><)今回の話は本当に楊が可哀想です(´・ω・`)小野はそんなにも女々しかったのかと…正直ちょっとイラッとしました。そしてもどかしい。゚(゚´Д`゚)゚。小野と楊でギスギスしてる分、王と三枝のやりとりは癒されました(●´ω`●)続き早く~! (2013-01-24)