『りあ』さんのレビュー

次の20件 →

ためらう唇 著: リンダ・ハワード 翻訳: 加藤洋子


★★★★★ 5
あっという間に読み終わりました。 安心して読める作者さんです。私としては、お兄さんの物語が、読みたいです.... (2017-01-25)


通い猫アルフィーの奇跡 著: レイチェル・ウェルズ 翻訳: 中西和美


★★★★★ 5
面白かったです。猫飼いたくなりました。こんな猫だったらいいな (2015-10-04)


大空の花嫁たち 著: クリスティン・リマージェニファー・グリーンシェリル・セント・ジョン 翻訳: 霜月桂


★★★☆☆ 3
また読みたいと思う話では、なかったのが、残念です (2015-02-27)


許されざる者 狼たちの休息 愛はここから 著: ビバリー・バートン 翻訳: 中野恵


★★★★★ 5
このシリーズは、色々読みましたが、この話が1番好きです。 (2015-02-19)


あたたかな雪 著: ダイナ・マコール 翻訳: 富永佐知子


★★★★★ 5
ヒーロー家族のナイスガイな感じが、大好きです。Wヒロインの心の強さも、素敵でした。 (2014-11-22)


きみの声が聞こえる 著: シャロン・サラ 翻訳: 青山梢


★★★★★ 5
大好きなお話なので、何度読んでも、心があたたまります。ヒーローとヒロインの心のやりとりが、楽しいです。 (2014-11-22)


愛をつなぐ道 著: リンダ・ラエル・ミラー 翻訳: 佐野晶


★★★★☆ 4
不思議な気持ちになる著者の本です。ほのぼのとした優しさが、読み終わった後心に残ります。 (2014-11-08)


夜明けのフーガ 著: リンダ・ハワード 翻訳: 野沢まさみ


★★★★☆ 4
前に、本を買って読んだものです。ひさしぶりに読んで、当時の事思い出しました。何度読んでも、新鮮で、楽しかったです。 (2014-10-27)


優しさに包まれるとき 著: シャロン・サラ 翻訳: 青山梢


★★★★★ 5
コミックを読んだ時に、原作も読みたかったので、とても嬉しいです。どんな時も、変わらずヒロインを愛しているヒーローが素敵です。 (2014-07-24)


奇跡の花嫁 著: シャロン・サラ 翻訳: 山田沙羅


★★★★★ 5
素敵なヒーローとヒロインです。私もこんな恋してみたいです (2014-03-27)


一万ドル物語 著: パトリシア・ヘイガン 翻訳: 大島ともこ


★★★☆☆ 3
登場人物の心の動きが、複雑過ぎて、後味が悪かったです。 (2014-03-23)


王子様にキスを 著: ジェニファー・グリーン 翻訳: 高山恵


★★★★☆ 4
ヒーローの自信のなさにいらいらしましたが、最後は良かったねと言える作品でした。 (2014-03-20)


熱いハプニング 著: シャロン・サラ 翻訳: 宮崎真紀


★★★★★ 5
意外な流れで、とても面白かったです。何気ない言葉の、やりとりが素敵でした。絆の不思議も憧れてしまう作品でした。 (2014-03-19)


ハッピーエンドの続きを 著: レベッカ・ウインターズ 翻訳: 秋庭葉瑠


★★★★★ 5
正統派ロマンス作家なので、安心(?)して読めました。最後にほんわかな気分になれて、幸せな気持ちでしばらく過ごせます。 (2014-03-17)


グッバイ・エンジェル 著: シャロン・サラ 翻訳: 新井ひろみ


★★★★☆ 4
最近のシャロンサラは、テーマが重かったり、気持ち悪いシーンが多かったりして、少し躊躇しましたが、もともと大好きな作家なので、一気に読みました。最後のシーンでは、心が優しくなったような気がしました。 (2014-02-26)


大富豪と女神 著: レベッカ・ウインターズ 翻訳: 高山恵


★★★★★ 5
とても素敵なお話でした。縁は、不思議なものですね。私も、私だけ愛してくれる人が、欲しくなりました。 (2014-01-31)


離せない唇 著: マリー・フェラレーラ 翻訳: 宮崎真紀


★☆☆☆☆ 1
いちいち好奇心の固まりで、小学生みたいな性格が読んでいていらいらしました。途中で、疲れてきて読むのを止めました (2014-01-28)


不実なドクター 救命病棟は眠らない IV 著: マリー・フェラレーラ 翻訳: 卯月薫


★★★★☆ 4
途中いらいらした所もありましたが、最後は、良かったねと、言える作品でした (2013-12-05)


愛と赦しのはざまで 著: シャロン・サラ 翻訳: 葉月悦子


★★☆☆☆ 2
ロマンス小説にしては、気持ち悪い表現が、多過ぎます。ストーリーは、敬虔な物語かもしれませんが、描写が、生々し過ぎて吐きそうになりました。 (2013-10-07)


罪深き守り手 著: ビバリー・バートン 翻訳: 風音さやか


★★★★★ 5
最後まで、誰が黒幕かわからない、いい作品でした。シリーズの中で、1番好きなヒーローでしたので、幸せな気持ちで、読み終わりました。 (2013-09-25)


次の20件 →