『まりあ』さんのレビュー


食べてしまいたいほど 著: 横江秋月


★★★★☆ 4
ソフトですがBLです。苦手な方もいらっしゃるので、ジャンルとして、きちんと表示するべきだと思います。内容的には、おもしろかったです。文章にもくせがなく、読みやすい。≪人食い≫にもいろいろ種類があり、ヒエラルキーが存在する、という設定がユニークでした。柾の正体や、二人の行く末も気になるところです。 (2014-09-17)


出会うヒト<幽> 著: 川島千夜


★★★☆☆ 3
一話ずつ完結の連作なので、読みやすいです。エピソードも面白いのですが、すべてラストが尻切れトンボなのが残念でした。ホラーもBLも好きなので、期待して読んだのですが、恋愛描写はかすか…にしかないので、肩透かしです。(^_^;)BL設定にする必然がどこにもないな、と感じました。(客寄せ?)厳しい言い方ですが、ホラーもBLも、中途半端な印象。ただ、文章はとても読みやすいので、軽い読み物としては楽しめました。 (2014-09-05)


二人が紡ぐ愛人という名の物語 著: 桃山まどか 画: 水綺鏡夜


★★★★☆ 4
主人公、拓海の恋人の智也が、オネェ言葉でリバーシブル、というのが、すごく新鮮でした。電子書籍だから、こういうのが読めるのかもしれませんね。智也も「私」、拓海の恋人たちや姉も「私」なので、途中、だれの会話なのか混乱する箇所もありました。…でも、ありきたりのBL小説に物足りなさを感じている人にはおすすめです。性別も役割も、一瞬、混乱してしまうような、不思議な世界が堪能できますよ。表紙のイラストも美しいですね。 (2014-03-29)