『のんの』さんのレビュー


オンリー・チャイルド 著: ジャック・ケッチャム


★★★★☆ 4
この作者さんは現実の残酷さと人間の持つ残忍さを突きつけてくる作風ですよね。怖い物見たさで読んでしまうんですが、今回幼児虐待とゆう絶対悪になすすべもない状況にゾッとしました。人間の無力さも思いしらされました。不幸という結末に主人公の母親の無償の愛が切なかったです (2017-01-24)


プライド【イラスト入り】 著: 水戸泉


★★★☆☆ 3
久しぶりに購入しました〜私の感覚が肥えてしまったのか以前より萌えませんでした。もう少し攻めの気持ちがわかりやすい方が執着度が上がりますよね。でも水戸先生の攻めは大概好みです! (2017-01-18)


美しい人 著: 狂気太郎


★★★★★ 5
狂気先生の引き出しの多さにびっくりです。なんとなく犯人は予想出来ますがラストには多少びっくりしました。純粋なスプラッタ的な怖さと罠にはまっていってしまう不気味さが交錯する作品でしたね。たぶんハッピーエンドではないんでしょうが読み終わった後は良かったねーと主人公に幸せが続くよう祈ってます (2017-01-03)


パブリックスクール−檻の中の王− 著: 樋口美沙緒 画: yoco


★★★★★ 5
鬱々としたお話でしたが所々に見える攻めの執着めいたものにドキドキ出来て良かったです。とにもかくにも表紙が世界観に合ってますねー。続きが気になります! (2016-07-08)


人形たちのグロッタ 著: 梅津裕一


★★★★☆ 4
世にもおぞましい秘密に興味をそそられましたがそこは定番的で肩透かしでした。しかし人形という有りそうな設定で予想外なストーリーと展開には満足です。ホラーとは違うようなダークファンタジー寄りだと思います。 (2016-02-23)


三人遊び 著: 丸木文華 画: 丸木文華


★★★★☆ 4
ヤンデレなんでしょうが自分的には病んでるとまではいかないかな。皆さんと同じように先は読めてしまうんですが文章がうまいため最後まで楽しめました。ラブは微妙です。もう少し攻めの執着&愛が感じられたらよかったです (2015-04-02)


mother【イラスト入り】 著: 丸木文華 画: 門地かおり


★★★★★ 5
病んでる話を読んだな~って感想でした。現実にいたら病院ものもBLファンタジーで萌えでした。受けは本当に天使で彼のおかげで暗い話にならないんですよね。確かに先のわかる展開でしたが心情とか周りの状況とかとても丁寧に書かれていて楽しんで読みました (2015-03-30)