『めい』さんのレビュー

次の20件 →

クランツ竜騎士家の箱入り令嬢 箱から出ても竜に捕まりそうです【特典SS付】 著: 紫月恵里


★★★★☆ 4
国家や竜の関係や世界観がしっかりと描かれていて物語に引き込まれました。竜と人の常識が違うので、理解し合いながら進んでいくストーリーが良かったです。ヒロインは過去の事件で引きこもり高所恐怖症ですが、自分で考えて行動出来るので魅力的でした。ヒーローはヒロインに対して何も思ってない感じでしたが、じわじわ大切な存在になっていく過程が良かったです。番になるまで読みたかった。 (2020-07-04)


【電子限定おまけ付き】 銀色きつねは愛されアルファ 【イラスト付き】 著: 葵居ゆゆ 画: カワイチハル


★★★★☆ 4
スピンオフ作品で、前作の主人公達や子供達も登場していて得した気分でした。今回は繊細で斜め上を頑張って空回りしたり、自分に自信のないアルファが主人公でした。ベータとアルファで番じゃないけど、想い合ってる様子にほっこりしました。 (2020-07-04)


転生したら兵士だった!?〜赤い死神と呼ばれた男〜 1 著: 師裏剣 画: 白味噌


★★★★☆ 4
自分の敵にする事やる事はえげつない主人公でしたが、あっけらかんとしているのでグロいのに読めました。隠密に動き汚れ役をしているのに重くなりすぎず、物語に引き込まれました。物凄く気になる終わり方なので続きが早く読みたいです。 (2020-06-25)


奪われた記憶で愛を誓う【電子限定特典付】 著: 高月まつり 画: 小禄


★★☆☆☆ 2
好きすぎて司の前では馬鹿になってしまい暴走する周令に引いてしまいました。溺愛っぷりはしっかり伝わってきます。前作のカップルも登場して相変わらずのラブラブっぷりが笑えました。 (2020-06-25)


悪役令嬢は没落後、伯爵の歪んだ溺愛に翻弄される【特典付き】 著: 山野辺りり 画: ウエハラ蜂


★★★★☆ 4
完璧に悪役令嬢だったヒロインが没落して、自分の悪いところを反省し慎ましく強かに生きているのが好感が持てました。自分が意地悪してた側だからこそ分かる心理戦と言葉の掛け合いが新鮮に感じます。ヒーローの気持ちがなかなか伝わらずかなりすれ違っていましたが、似た者夫婦で幸せそうに終わったので良かったです。 (2020-06-25)


悪役令嬢は二度目の人生で返り咲く〜破滅エンドを回避して、恋も帝位もいただきます〜 著: 雨宮れん 画: 仁藤あかね


★★★★☆ 4
前世の誰からも愛されず愛する事もなく処刑された主人公が本当に可哀想でした。いきなり8歳に戻って幸せな人生にする為に知識を持とうと頑張ったり、両親の仲を取り持ったりと色んな角度から何とかしようとする行動力が素晴らしかったです。やっと掴んだ幸せを噛み締めているのも、初恋を初体験した様子もとても良かったです。 (2020-06-20)


海辺のリゾートで殺人を【SS付き電子限定版】 著: 楠田雅紀 画: 夏河シオリ


★★★★★ 5
瑞樹の生い立ちやお姉さんの事がだんだんと分かってくるので、誰が犯人か最後まで分かりませんでした。旅の同行取材をするフリーライターの阿久津さんが魅力的で、何とか助けようと奮闘している姿が素敵でした。大手銀行の子息が本当に最悪で過去の事件に関わっている人も皆曲者ばかりで嫌な人ばかりでした。最後にちゃんと反省して謝る人、まだ自分の罪を認めずでも謝るだけは謝る人と人間性が分かれていて理不尽さが際立ってました。犯人が本当に可哀想でしたが、告発本が出て過去の悪事が明らかになり裁判がきちんとされたので読後感は良かったです。犯人に何も罰則がないのは不思議でなりませんが。最後は幸せそうな2人が見れたので良かったです。 (2020-06-19)


【電子限定おまけ付き】 人狼彼氏と愛の蜜 【イラスト付き】 著: 西門 画: 金ひかる


★★★★☆ 4
束縛彼氏と愛の罠のスピンオフ作品です。郷は嗅覚が鋭すぎて普通に生活するのも大変で、それでも一生懸命に仕事をして成果を上げているのが素敵でした。ルーカスは職人として誠実で当主としての重圧に耐えながらも番を探していたのが良かったです。何があろうと、どちらもかけがえのない存在だと認識する所が素敵でした。 (2020-06-19)


前世で一目惚れされた魔王に、しつこく愛されています 著: 臣桜 画: ワカツキ


★★★★☆ 4
魔王が自分の気持ちで天候が左右されるほど無敵ではた迷惑なのに、ヒロインには弱く溺愛しているところが良かったです。ても、手を出すのが早すぎ。好きなのはわかるけど、もう少しヒロインの気持ちを思いやって欲しかった。ヒロインの前世は辛い事ばかりだったので、幸せになってほしいです。 (2020-05-30)


男装の女騎士は職務を全うしたい! 俺様王子とおてんば令嬢の訳アリ婚【初回限定SS付】【イラスト付】 著: 丹羽夏子 イラスト: ぽぽるちゃ


★★★★★ 5
色恋沙汰にはさっぱりな2人が無理矢理婚約まで外堀を埋められ、知り合ってだんだんと好意を寄せていく様子が素敵でした。ヒロインの同僚やヒーローの幼なじみも魅力があります。王女が攫われてから一転ダークになります。何より女王として国民を守ろうとすると自分の人生も溺愛している子供達も犠牲にする女王の孤独な強さが凛としていました。王女は立派で素敵な女王になりそうで読み応えがありました。 (2020-05-30)


出稼ぎ令嬢の婚約騒動 2 次期公爵様は婚約者と愛し合いたくて必死です。【特典SS付】 著: 黒湖クロコ


★★★★☆ 4
自分に自信のないヒロインですが、賢く強く有能すぎてハイスペックです。ヒーローにはもったいないぐらいです。ヒロインのカッコ良さが際立ってました。 (2020-05-16)


聖女の魔力が使えません!〜かわりにおいしい手料理ふるまいます〜 著: 坂野真夢 画: アオイ冬子


★★★★★ 5
聖女として召喚されたのに魔法も使えず何か聖女として召喚されるも何の能力もないとされ、強制的にかなり年上の人と結婚させられそうになる主人公が本当に不憫でした。ヒーローが誠実な人で結婚候補の1人で良かったです。だんだんと好きになっていく過程とヒロインが料理を頑張る姿が微笑ましかったです。最終的にヒロインが難病の原因を見つけて解決したのでほっとしました。 (2020-05-16)


転生したら、モブでした(涙)〜死亡フラグを回避するため、薬師になります〜 著: 江本マシメサ 画: 雪子


★★★★☆ 4
ヒーローのはずの王太子が脳筋でバカと軽く扱われいるのが珍しかったです。主人公、ヒロイン、悪役令嬢が凄く仲良くなり先生と力を合わせて敵に立ち向かう内容は良かったです。恋愛要素は薄く、最後の最後にやっと両想いに。ラブラブな場面をもっと読みたかったです。 (2020-05-16)


アーサー・ラザフォード氏の遅すぎる初恋 番外編 著: 名倉和希


★★★★☆ 4
番外編が出て嬉しいです。相変わらずの溺愛ぶりなので楽しく読めました。アーサーの溺愛と変態度が上がって行く様子がよく分かり笑えます。大智とハリーもラブラブで始終甘い話でした。 (2020-05-16)


悪役令嬢って何をすればいいんだっけ〜破滅フラグは全力で回避します〜 著: soy 画: 煮たか


★★★★☆ 4
コミカルで楽しく読めます。王子がけちょんけちょんに言われ過ぎてちょっと可愛いそうでした。あまりないストーリー展開が面白かったです。悪役令嬢とヒロインが親友になるのも良かったです。 (2020-04-17)


仮初め寵妃のプライド 皇宮に咲く花は未来を希う 著: タイガーアイ


★★★★☆ 4
ヒロイン、ヒーロー共に壮絶な人生でした。試練ばかりの辛い日が続くけれど、最後には幸せになって本当に良かったです。ヒロインのお母さんの過去が残酷すぎて泣けます。ずっと夫を愛して我が子の為に強く生きていたからこその物語だなと思いました。 (2020-04-17)


間違いで求婚した公爵様は、そのまま結婚することをお望みです 著: ヤマトミライ


★★★★☆ 4
溺愛まっしぐらな話でした。ヒロインは社交界で辛い目に合いたくなくて地味にしていて実は絶世の美女という王道な所が良かった。ヒーローがスパダリなのに恋でヒロインがかかわると残念な人に。悪役は呆気なく負けていくのでもう少し粘ってほしかったです。お値段は高いです。 (2020-04-17)


【電子限定おまけ付き】 ニライカナイ 〜永劫の寵姫〜 【イラスト付き】 著: 高岡ミズミ 画: 笠井あゆみ


★★★☆☆ 3
前作2冊を読んでから読んだ方が内容が分かりやすく楽しめると思います。亡くなる前のおじいさんから始まり、冥府では自分で勝手に年齢を変えれるとか面白かった。主人公が家族の絆や情に流されてしまうのも分かるし、それが故に辛い描写がありました。物凄く鈍感で無垢な主人公ですが最後はハッピーエンドなので良かったです。 (2020-04-16)


王子は黒竜に愛を捧げる 著: 名倉和希 画: 黒田屑


★★★★☆ 4
無垢で何事にも一生懸命で母親を大切にする良い子な主人公が、無理難題の竜狩りを命令され窮地に陥ります。王子なのに酷い扱いすぎて気の毒でした。アランに出会って溺愛されてやっと幸せになれて良かった。もう少し先まで読んでみたかったです。 (2020-04-16)


竜騎士のお気に入り 7 奥様は密かな恋を応援中【特典SS付】 著: 織川あさぎ


★★★★★ 5
ルイスの花嫁を連れてきた竜が鼻歌交じりに嬉しそうにしていて、仲間の竜達から祝福されている場面が一番好きでした。言葉が通じなくても何とかコミュニケーションをとろうとして仲良くなっていく過程が良かったです。今作も楽しく読めました。 (2020-03-27)


次の20件 →