アンダルシアの誘惑』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 4.8(5)

5 (4)
4 (1)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

ポテトさん
2013-07-26
ヒロインが愛情深く思いやり深く純真で全く欲のない人間…守ってあげたくなるヒーローの気持ち分かる気します(笑)純真無垢だからといって、馬鹿で幼稚ではなく素敵なヒロインでした。内気なヒロインなので、ヒーローとのやり取りに喧嘩や言い合いはないので、読んでて良かったです。ヒーローは、ハンサムでお金持ち。女性に対してシニカルな見方があると言いながらも、誠実で素敵な人物でした。嫌な人間は、ヒロインの父親の婚約者だけ。でも、すぐにいなくなるしそんなに引っ張ってヒロインとヒーローの間をメチャクチャにする訳じゃないので、それも良かった。

★★★★☆ 4

Rinさん
2014-04-06
ヒーローとヒロインのやりとりはとてもドキドキして良かったのですが、ヒロイン父の後妻を狙う婚約者は本当にお金目当てでイヤでした。それとヒロイン父が病気の愛妻がいたのに、結果愛人(ヒロイン母)をつくりヒロインが生まれたというのはちょっとがっかりしたので☆4つです。

★★★★★ 5

ブレンダさん
2013-04-06
父を探すきっかけは、亡き母が話した父との出逢いだった…父の館で働く家政婦になったヒロインは、名付け親として父を慕うヒーローに出逢う。慣れない仕事よりも不安だったのは、『もし父に拒絶されたら、どうしたらいいか?』彼女が決めかねていたからだと思う…この件(くだり)がていねいに書かれていて、彼が彼女に一目惚れした流れと合わさって、上手い翻訳もあり、すんなり引き込まれる。彼を取り巻く人間関係の中では、彼女のような素直で多くを望まない女性はいなかった…女性に対し斜に見て決めつけて来た彼にとって、『新鮮』に映ったのは間違いない。違う世界にいた2人が逢うパターンとしては、ありふれている…『まさか彼が自分を好いているなんて思いもかけない』のもよくあるパターンだ。しだいに彼女が活き活きして来た時、彼は自分の取った行動に、間違いがなかったと確信できた。彼女が父に逢うシーンでは、父の妻に成り損ねた婚約者が、悪態を衝く言葉をかける…それを彼女が聞いてしまう…という『お決まり』のパターンもあるが、悪役は出てこない。どちらかと言うと彼の想いが強いのが、最後までしっかり続いていた。何作も家政婦物はあるが、アクの強い人間関係に疲れて来たなら、読み終わって、ほっこりくるこの作品はオススメしたい。

★★★★★ 5

マナっちさん
2013-06-20
大金持ちだからこそ、『女性は自分の金に寄ってくる浅ましい生き物』、と思い込んでるのにすごい誠実なヒーローと、純粋培養なヒロインの物語。ハーレにありがちな『金持ち=傲慢ヒーロー』『純粋培養=少し頭の足りないネガティブなヒロイン』という図式、この2人には当てはまりません!一目見た瞬間からお互いに一目惚れ&もう止まらない恋心(≧∇≦)ちょっとしたすれ違い、勘違いもハーレにしてはクドクド描かれてなかったし、むしろ2人の想いに程よいスパイス的要素としての役割だったのがメッチャ良かった\(*⌒0⌒)b♪金目当ての女を後妻に迎えようとしている、て設定だったから、きっとお父さん大した人物じゃないわ~~、とか思ったけど、意外や意外!好感の持てる人で思わず『良かったね、ヒロイン((o(^∇^)o))』とか思いました(笑)心ホッコリ、幸せ気分に浸りたい方に是非オススメです♪(*^^*)

★★★★★ 5

どんCさん
2013-02-17
ヒロインの母親が、亡くなり遺品から父親の名を知ります。父親を訪ねたら留守で何故か掃除のバイトをやってるヒロイン(*´∇`*) 訪ねてきたヒーローに一目惚れ思わずベッドイン(///∇///)ホントは、明るいヒロインどんどん悪い方に思考が、ぶっ飛びヒーローを悪者扱い。でもサクサク次の日に誤解が、解けた(笑)もう少し時間が、かかるかと思った( ・∇・)