魅せられた伯爵』のレビュー

トータル評価 ★☆☆☆☆ 1(1)

5 (0)
4 (0)
3 (0)
2 (0)
1 (1)


レビューを書く

 
★☆☆☆☆ 1

はれのちあめさん
2014-01-13
ヒロインの頭が悪すぎる。「理性でなく感情で考えがち」「自分勝手な意見を押し通す」等の描写がある通り、記者とは思えない思い込みと偏見であらゆるものを見ている。その時点で記者失格。初対面でちょっとした諍いが起こったヒロインと伯爵のヒーロー。ヒーローは自分の態度も悪かったと反省するが、ヒロインはヒーローを極悪非道の地主に仕立て上げ、記事にしようとする。しかも裏付けなしで。そりゃヒーローも怒るよ。その後、ヒーローの管理する森に無法の流れ者がやってきて、ヒロインはそれを記事にしようとします。流れ者たちによって街の店のガラスが割られ、当たり屋に絡まれ、森が破壊されても、奇妙な同情心で「彼らにもどこかに住む権利が・・・」とか、アホすぎる。だったら、ちゃんと定職に就いて、どこかの土地に馴染め!!一番最悪なのが、ヒーローと肉体関係を持った後、彼と話し合うのを自分から拒絶したくせに、ヒーローが出て行ってしまうと「冷たい」と非難。しかも、「これ以上の関係を持ちたくないと自分から主張した。でも、彼は私の気持ちに気づいて良いはずだ」とか。何?ヒーロー、エスパーなの??ヒーローの義妹も頭悪い。親への反抗から、厄介者たちを義兄の土地に引き込み、森を壊し、流れ者の子供が湖に落ちかかっても、「それは自分たちの居場所をちゃんと作ってくれないアナタ達が悪い」とか、どういう理屈だ?しかも、それを怒られることで泣きそうになる義妹にヒロイン同情。・・・馬鹿な女しか出てこないの?この作品。ヒーローは紳士的で、理性的で、公平な男だが、女の趣味が絶対的に悪いなと思いました。