イリーガル・ラヴ 特別版』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 4(3)

5 (1)
4 (1)
3 (1)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★☆☆ 3

AnnaRoseさん
2013-10-04
中途半端な作品と思います。ハードボイルドスパイものではなく、またマフィアは自分で名乗っているだけで、この作品中にはそれらしきことは特に出てきません。行方不明の日本人大学生をシチリアで探すというのが任務なのですが、公安警察の主人公は地元名士のお相手と成り行き上ですがデートしています。お相手の方は主人公が何者か知っていますが、主人公はお相手がマフィアのボスだということは知りません。でもやがて主人公もその事に気付いて、そしてお相手に凌辱及び監禁という展開になります。この手のジャンルがお好きな方にとってはとても手ぬるい状態ですが。やがて主人公は銃撃戦の後脱出ということになりますが、お相手の頭を狙ったはずが射殺できなかった自分に悩みます。またお相手もなぜ自分を撃たなかったのかと主人公はさらに悩みます。落ち込んでいる主人公に新たな任務が下り、モナコへ行った主人公の前にお相手が現れ、あれは全部ヤラセだよ打ち明けます。他のマフィアの親分さん達の手前、警察官の主人公が自分たちのダブルスパイになって、もとの世界に戻るという芝居だったと。一応の辻褄は合うのですが、盛り上がりに欠けるお話でした。ちなみに作中に登場する行方不明の大学生のお話は「イリーガル・キス」というタイトルで別にあります。

★★★★★ 5

淡雪さん
2013-10-15
主役カプの設定、悪くないと思ったので、このカプで続編読んでみたいなと思いました。小難しくなく、ストレート。シリアスというよりは甘さが前面に出ている話だと思いますが、先にというか、より多く惚れてしまった側の弱みというのか、そんな攻が受に大いに振り回される姿をもっと見たくなりました。せっかく発信器を仕込んだ(笑)のだし、それを有効活用して、受のことを世界中の至る所でランデブーってのも素敵かも(^-^)

★★★★☆ 4

はっぴぃさん
2013-10-03
たいした山場もなくさらっとかなぁと思います。シチリア巡りよりそれ以降をもうちょっと書いてほしかった…エロは普通かな?躾するとは言ってますがさらっと終わらせてる感じです。リナルドと悠麻の話も読みたいです。