快楽主義者の淫らな戯れ【書下ろし】』のレビュー

トータル評価 ★★★★☆ 3.8(5)

5 (3)
4 (0)
3 (1)
2 (0)
1 (1)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

ふぁんとむさん
2016-08-22
 3Pが最終的な主体になっていくんですけど、序盤のヴァルター×カミルは一方的にカミルに迫られることがおおいですが、ヴァルターもなんとなく受け入れていきます。その後に現れるパトリックとは、優しく包み込むような行為に及び、カミルとヴァルターとで全然行為の仕方が違うのが魅力的かと思います。二面を見たあとに、3Pという三面目も拝めることができる……これって最高ですよね。え、違いますか? 戸惑いがちなヴァルターが快楽によって変貌していく姿も見ていてドキッとします。おすすめです。

★★★☆☆ 3

キルヒアイス帝国元帥さん
2016-12-23
美人を巡る危険なトライアングルラブかと思いきや、知らぬは本人ばかりなりだった。美人受けが一人でアタフタしてる感じです。

★☆☆☆☆ 1

mamaさん
2016-11-18
一言で言うと、イミがわからない、といったところ。他の方の評価はすこぶる良いですが、私には合わなかったようです。カミルの感情が理解できなくて、えーいつのまに愛になっちゃってんのー、みたいなね。淡々としすぎていて全く感情移入のできない作品でした。ストーリーもあって無きがごとし。えろ場面も長いばっかりでぜんぜん色気がない。途中で、つまらーん!!!と投げ出したくなりました(笑)ストーリー重視の方や、深い感情の描写を読みたい方にはオススメできませんねー。3P書きたかっただけなのかな?

★★★★★ 5

えゆさん
2016-08-24
これは受けのカミルが良かったですね。イラストの感じで最初攻めかなと思いましたが、受けは受けで全然ありでした。冷たい印象のある男が乱される……ぐっと来ましたね。そしてただでさえ禁断の関係なのに、二人もの男から求められるカミルさん……後々は一緒にプレイするようになって期待通りでした。しかし、12年間も拒否され続けて諦めず求め続けたヴァルターさんは素敵でしたね。攻め具合も好みでしたし、この組み合わせが特に気に入っています。

★★★★★ 5

ユリウスさん
2016-08-23
名門ホテルの跡取りカミルが、やり手経営者のヴァルターと騎手のパトリックの二人から愛を受け、乱される…。必死に抵抗しようとするカミルが快楽に堕ちていく展開が見どころです。