すべてはこの夜に』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 4.8(5)

5 (4)
4 (1)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

みかんさん
2016-09-30
以前旧作を読んでいたので購入を悩んだのですが、購入してよかったです。作者様もあとがきで書いておられましたが旧作より短編も増えそれに伴い話の流れで構成されていてとても読みやすかったです。私的には志朗目線でのお話が良かっです。買って損は無いと思います!

★★★★★ 5

ともさん
2016-10-05
旧作、書籍で購入てましたが好きな作品だったので、再び購入。愛してもらえないなら憎まれてでも相手の心に自分を留めて欲しいと願う攻様と心を開ききれず逃げてしまう受ちゃん、お互いに臆病なんだろうな〜本編ラストにググっと来て、涙涙涙は何度読んでもいいです。やっと素直になれた二人の後日談もラブラブな感じでよろし。

★★★★★ 5

ひーこさん
2016-10-02
ヤバい。涙と鼻水止まりませんでした。ちゃんと、大事にしていかないとな!と思わせられました。私が説明すると陳腐になりそうなので、控えます。オススメです。

★★★★★ 5

ろろさん
2017-04-29
全体的に話がまとまっていて、とても読みやすかったです。攻の歪んだ愛情も、受の臆病なところも可愛くて、最終的にハッピーエンドで良かったです。部下の武井さんのお話では、もう涙涙涙でした。そんな悲しい過去があるのに、綺麗な思い出として胸にしまっている武井さんがとても素敵です。私は気に入って2回読みましたので、好き嫌いはあっても、特に買って後悔ということはないと思います。ぜひオススメします!

★★★★☆ 4

刹那さん
2017-02-13
全体としてとても良かったです。お互いに深く愛し合っている様子に感動しました。表題作とその部下の話が入ってましたが表題作の甘々を楽しむまもなく、部下の悲しくも満ち足りた過去の思い出話か入って来ていて、悲しくなってしまいました。最後に過去から今の甘い雰囲気が漂う現実に戻り切れず終わったので星ひとつマイナスです。基本的にあんまり人は死んで欲しくないタイプなので苦手な人は注意(表題作の2人は死にません)