淑女と娼婦』のレビュー

トータル評価 ★★★☆☆ 3(1)

5 (0)
4 (0)
3 (1)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★☆☆ 3

dadaさん
2013-04-26
双子の入れ替わりもので、誤解もの。娼婦であるはずのヒロインが見せる、知的な表情に魅了されるヒーロー。愛人契約をもちかけますが、当然淑女であるヒロインは突っぱねます。惹かれあいながらも素直になれず、じれったい二人。しかし、ヒロインの正体が明かされてからは、ヒーローはヒロインに徹底的によそよそしい態度を貫きます。まるで別の話に突入したみたい。特に終盤のヒーローの態度には首をかしげたくなりますね。そんな必要あったの? と。前半が楽しかった分、後半の失速が残念でした。ヒロインの姉が娼婦になった理由にはびっくり。ある意味すがすがしいんだけれどね……。