愛の革命』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 5(1)

5 (1)
4 (0)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

dadaさん
2013-05-05
とっても裕福なのに、堅物すぎて、友人としては望ましいけれど、夫にするには退屈すぎる、と女性陣から敬遠されているヒーロー。もてないヒーローですよ。まさに希少種です。水際立ったハンサム、というわけでもないし、服装も地味すぎて冴えない。そんな彼が、社交界の華ともいえる公爵未亡人のヒロインと出会って恋に落ちるのです。時期を同じくして、陰謀に巻き込まれ、それまで自分でも知らなかった、正義感からくる不屈の精神に目覚め、頼もしい男性へと成長していきます。ほとんどヒーロー視点で話が進み、事件の捜査がメインで、ロマンス要素は添え物程度、ということを承知して読んだ方がいいと思います。ヒロインは快活で、ポーラ・マーシャルらしい自立心旺盛な美女。未亡人設定ではありますが、実のところ……想像通りです。でも納得しやすい展開にはなっていました。忌まわしい事件が中心となっていますが、主役二人が微笑ましくも爽やかなので、読後感のいい仕上がりになっています。