孤独な女王と黒い狼』のレビュー

トータル評価 ★★★★★ 5(2)

5 (2)
4 (0)
3 (0)
2 (0)
1 (0)


レビューを書く

 
★★★★★ 5

Rinさん
2020-04-02
作者買い。アンソロジー『騎士の恋』の作中に登場し、前作のカップルいわく『一見妖精だが中身は猛獣』の女王様のストーリー。若くして女王となったヒロインと、偶然出逢ったヒーロー。次第に惹かれあい一夜を共にした後、ヒロインが女王だと知るヒーロー。お互い想いはあるが大きな身分差があり、どうしてもヒロインを諦められないヒーローの執着ぶり。身分差をうめるためのヒーローの努力・周囲の人物や他国との関係などきれいなだけのストーリーではなく、また出逢いから結末まで13年程たっている。妖精のような美しいヒロインという設定だが、イラストはちょっと合ってないかも。それにしてもヒーローよく我慢したよ…。

★★★★★ 5

Korokoroさん
2020-05-21
騎士アンソロジーを読んで、素敵なキャラクターだなと思っていた女王様のお話。騎士アンソロのカップルも出てきて初々しい話しも見れてよかったです。ティーンズもので良くある、好きなあまり性欲に溺れてしまう主人公達とは正反対の二人。それゆえとても尊く感じます。恋を知った青年の無邪気な心と、愛を知った男のブレない心の対比に胸がキュンとしました。女王様も、とても明朗でかっこいい魅力的なキャラです。挿絵の女王様に妖精感がないのが少し残念でしたので脳内補完して読みました。